CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2018年07月23日

NPO法人ゴーイングコンサーンのための働き方改革

太郎の認証マーク拝受に心から感謝を.(^^)人。
先日。岡山県のNPO法人を支援くださる岡山NPOセンターさま運営の “ 岡山の公益ポータルサイト「NPOkayama」” への登録申請を行い、恙無く第三者認証マークを授与いただきました。この場をお借りして、ありがとうございます! 信用も資本もゼロからスタートした社会起業なので、このような認証をいただけることは本当に有難く、しっかり社会課題を解決に導き地域に貢献しなくては…。そのように気を引き締めている只今でございます。

Google for Nonprofits は、NPO法人の働き方改革!
先日のエントリー「ファンドレイジングの前に、やっておくこと・できること。」で報告しておりました非営利団体向けプログラム Google for Nonprofits については既に非営利団体向け G Suite および、月にリスティング広告費用 1万米ドル(日本円において約 110万円相当)が助成される Google Ad Grants を運用しておりますが、しみじみ感じるのは、資本を持たないNPO法人にとって無償提供は珠玉の支援であり、働き方を改革する絶好のプログラム。

ーイングコンサーン(継続企業の前提)において避けては通れない。
4月18日設立総会、6月22日法人登記の若いNPOではありますが、グーグル社の厚意を受けて法人継続に最低限必要なクラウドサービスの実装を完了できました。つきましては商い成功の理 Give Give Give に徹して世の中に価値を提供、地域社会への貢献からスタートしたく早速やります!リビングラボ。7月24日 “ 生涯学習リビングラボ ” に続けて7月28日 “ フリマ de リビングラボ ” 。Innovation Japanの恩恵を共有したく是非お越しくださいませ。

かやま共創ドリームチームについて
NPO法人 超教育ラボラトリー Inc.は各々突出した専門性を有する実業出身の、実務家教員の素養としてのプロフェッショナル・スキルを十二分に蓄えた “ 超教育メンター ” 10名により設立。地方創生事業プロデューサーに育メン起業家、孤高の個人事業主と、地域社会の理を知り尽くしたフリーマーケットの第一人者。IoT、サイバーセキュリティーのスペシャリストにデジタルマーケター、プロダクトデザイナー、グローバル・マルチキャリアを身に纏う女史とアナログの美食家など、おかやま共創ドリームチームは極めて多様な人財で編成されており、チームの強みは創発を醸すローカル・イノベーションの可能性。Society 5.0 へ移行する際の、社会課題の解決に是非ご期待ください(ここまでお読みくださり、ありがとうございます)。
posted by 菅野 敦也 at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 働き方改革